2分11秒

イラクの国民議会選挙、“靴投げ記者”も立候補

 12日に行われたイラクの国民議会選挙に、ある行為で世界的に有名となった男性が立候補し、話題となっています。

 イラクでは12日、去年12月にイラク政府が過激派組織「イスラム国」への勝利を宣言してから、初めてとなる国民議会選挙の投票が行われました。「イスラム国」との戦いで荒廃した国の復興や宗派や民族の分断をどう克服するかが課題となるなか、「イスラム国」を打倒した実績を訴え、対立しているイランとアメリカ両国と良好な関係も持つアバディ首相が続投できるかが今回の選挙の焦点となっています。

 そのイラクの国民議会選挙にこの男性が立候補し、話題となっています。男性は元ジャーナリストのムンタゼル・ザイディ氏。2008年12月にイラクの首都バグダッドで開かれた当時のブッシュ大統領の記者会見で、「これが別れのキスだ、犬野郎」などと叫び、靴を投げました。ザイディ氏は国家元首に対する暴行罪で禁錮刑を言い渡され、9か月間、服役しましたが、当時、ザイディ氏が靴を投げつける瞬間の映像は世界中で報じられ、アラブ諸国を中心に一躍、英雄扱いになりました。

 「今回の選挙で、あの出来事の印象を持たれたくはありません。今現在、私がイラク人に何ができるかです。感情的にならず、私の政策を見て投票してほしい」(ムンタゼル・ザイディ氏)

 ザイディ氏は出馬理由について「汚職を無くし、腐敗した政治家を追い出してイラク国民の手に金を取り戻すため」と話しています。イラクの国民議会選挙の投票は12日午後6時に締め切られ、大勢判明には数日かかる見通しで、ザイディ氏が当選するかどうかも注目されています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月20日(日)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月20日 18時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月20日(日)の国際ニュース

5月19日(土)の国際ニュース

5月18日(金)の国際ニュース

5月17日(木)の国際ニュース

5月16日(水)の国際ニュース

5月15日(火)の国際ニュース

5月14日(月)の国際ニュース

5月13日(日)の国際ニュース

過去のニュース