6分30秒

財務次官セクハラ発言疑惑、“調査手法”に批判続出

 17日朝、記者からの質問に口を閉ざし、説明を避け続けた福田事務次官。週刊新潮が報じたセクハラ疑惑に対する財務省の対応に批判が集まっています。

 「私は女性記者との間で、このようなやりとりをしたことはない。音声データからは、発言の相手がどのような人であるか、本当に女性記者なのかも、全く分からない」(福田事務次官【財務省の発表】)

 福田氏は16日、女性記者へのセクハラ発言に関する報道内容を否定。その上で、財務省は報道各社の女性記者に対し、“異例の要請”をしたのです。

Q.女性記者が名乗り出なければ事実の認定はしないということですか?

 「一方的な訴えを、どうしても取り扱いのしようがない。私どもとしては少なくとも、第三者の弁護士を入れて、その弁護士も女性の人を入れて言いやすい状況にしてやって、(被害を受けたとされる)本人が申し出てこなければ、そんなもん、どうしようもないですね」(麻生太郎 財務相)

Q.女性が名乗り出ないと調査が進まないというのが理解できないが?

 「声が出てこないかぎりは、その声の福田次官と対話をしているわけだからね。だってそうでしょ、福田が答えてしゃべっているわけだから。そのしゃべっている相手側の人の声が記者なんでしょ」(麻生太郎 財務相)

 “被害を受けたとされる女性記者が名乗りでなければセクハラ発言を認定するのは難しい”との認識を示した麻生財務大臣。

Q.この場合はセクハラっていう名乗り出にくい事情があるわけですよね?

 「こちら側も言われている人の立場も、考えてやらないといけない。福田の人権は無しってわけですか?」(麻生太郎 財務相)

 ただ、こうした財務省の対応に政府・与党からも批判が噴出しました。

 「セクハラの被害者の方は、そのこと自身、家族にも相談できないのが現実です。被害者の立場に立てば(名乗り出ることは)高いハードルであることを、ぜひ財務省の方にも、ご理解いただきたい」(野田聖子 総務相)

 「財務省が先頭に立って、こんな問題に関わり合いを持って、弁解に終始しなければいけないことは、私は大いに反省してもらいたい」(自民党 二階俊博 幹事長)

 さらに、財務省がセクハラ疑惑の調査を委託した外部の弁護士が、実は財務省の顧問弁護士であったことから公平性も疑問視されていました。

Q.文句があったら自分たちが指定した弁護士事務所に来ないかぎり、事実と認めないということですよね?

 「事実と認めるような方法というのは、相手側の音声が聞こえないかぎりは、ただ消してありますからね音声は。聞いたんだろ?」(麻生太郎 財務相)

Q.聞いてますけど、明らかに福田さんの声ですよ

 「相手側の女性の声が知りたい」(麻生太郎 財務相)

Q.相手方の声を出したら、誰か分かってしまうから、隠すのは当然じゃないですか?

 「そのことに関してはこちら側も公平性を聞くために、弁護士事務所を使って、弁護士にやってくださいと」(麻生太郎 財務相)

Q.主張が対立していて、片方の当事者がその仲裁役を選ぶというのは、公正性に欠けるのではないか?

 「どうすればいいってわけ?公募しろってわけですか?具体的なこと言え」(麻生太郎 財務相)

 こうした対応に街の人は・・・

 「女の子として、そういうの(セクハラ)を1回経験すると、すごくトラウマになる。やられた方が名乗り出るのも、怖くて無理なんじゃないか」(女性)

 「女性としては納得いかない。勇気を持って名乗り出ることができない。それを狙っているのかもしれない」(女性)

 「海外の方が(男女は)完全に同等じゃないですか。“#MeToo”というのもアメリカである。ああいう運動も後押しになるんじゃないか」(女性)

 その海外からも厳しい視線が注がれています。

 「日本では政府がセクハラ被害の報告を真剣に受け止めないのではないかという、共通認識がある」(ウォールストリート・ジャーナル)

 「安倍総理大臣は、女性の社会進出を推し進める『ウーマノミクス』を推進しているが、日本の企業や組織には性に対する意識の低さが根強い」(ロイター通信)

 セクハラ発言はあったのか、なかったのか。福田氏のものとされる音声を実際に聞いた麻生大臣は・・・

 「俺は(音声を)聞いたよ、福田じゃないかという感じしたよ、俺はね」(麻生太郎 財務相)

 音声は福田氏の声のように聞こえたとの認識を示しました。

 一方、野党側は問題の音声について財務省が調査をしないのか迫りましたが・・・

 「本人が自分の音声かどうか分かるでしょう」(希望の党 柚木道義 衆院議員)

 「具体的な調査のやり方は、まさに法律事務所が専門なので」(財務省側)

 財務省は具体的な調査は法律事務所に任せていると述べるにとどめました。

 「論外だよな。世間からどう見られているのか分かってないよ。女性を敵に回すよ」(自民党 中堅幹部)

 「財務省も自信があるのだろう」(自民党 閣僚経験者)

 与党内には後半国会の最重要法案である「働き方改革関連法案」など重要法案の日程も悪影響を及ぼすと心配の声も上がっています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

4月20日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月20日 3時02分

ニュース番組ダイジェスト

4月20日(金)の経済ニュース

4月18日(水)の経済ニュース

4月17日(火)の経済ニュース

4月16日(月)の経済ニュース

4月15日(日)の経済ニュース

4月13日(金)の経済ニュース

過去のニュース