2分21秒

市長セクハラ疑惑、狛江市「内部文書に誤りない」

 東京・狛江市長のセクハラ疑惑をめぐり、セクハラの根拠とされる内部文書について市長は一部に誤りがあると主張していますが、市は17日、「内容に誤りはない」とする調査結果を公表しました。見解の違いから市長と職員の間に溝が生じています。

 17日、狛江市役所で市長や幹部が集まり、非公開で行われた会議、議題の1つは「市長のセクハラ疑惑」についてです。高橋都彦市長をめぐっては、内部文書から女性職員の尻を触るなどしたセクハラ疑惑が浮上し、市議会で野党議員らから追及が続いていますが、市長は「身に覚えがない」と一貫して否定しています。

 高橋市長は、内部文書の「エレベーター内でお尻を触られた」との記載は誤りと女性自身から申し立てが来ていると主張、「虚偽の記載があれば文書作成者にペナルティーを科す可能性もある」として、職員に内部文書の真偽を調査するよう指示していました。しかし、17日、市の担当者が会議で伝えた調査結果は「内部文書の内容に誤りはない」というものでした。

 「報告した内容については、当時、事実と認識しており、あえて事実と異なる記述をしたとは思えない」(担当者の報告、17日の会議の音声)

 この報告を受けた市長は、文書作成者を処分しない意向を示しながらも納得いかない様子です。

 「(文書が誤りという)申し立てがあったのは事実なので、もう少し調べてもらう必要がある」(狛江市 高橋都彦 市長、17日の会議の音声)

 文書や調査結果の信頼性を疑う市長の発言に、職員は憤りを隠しません。

 「職員の作る物自体、一般的に全部信用して仕事をしていかないと、我々行政、成り立ちませんから。大変遺憾であると同時に、ちょっと悲しいことだなと思います」(狛江市・総務部 上田智弘 部長)

 セクハラ疑惑から発展した問題は市長と職員の間に溝を生む事態となっています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

4月23日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月23日 3時02分

ニュース番組ダイジェスト

4月23日(月)の社会ニュース

4月21日(土)の社会ニュース

4月20日(金)の社会ニュース

4月19日(木)の社会ニュース

4月18日(水)の社会ニュース

4月17日(火)の社会ニュース

4月16日(月)の社会ニュース

過去のニュース