1分24秒

中国GDP横ばい、米との貿易摩擦が不安定要素

 中国の今年1月から3月のGDP=国内総生産の成長率が6.8%となり、3期連続で同じ水準となりました。個人消費に支えられて安定成長を保つ一方で、アメリカとの貿易摩擦という不安定要素も抱えています。

 中国の国家統計局は17日、今年1月~3月のGDP=国内総生産が前の年の同じ時期に比べ6.8%の伸びとなったと発表しました。3期連続で同じ伸び率を保っていて、政府が2018年の年間成長率目標として掲げる「6.5%前後」を上回りました。個人消費や不動産への投資が拡大し、中国経済を下支えしています。

 「国民経済は持続的に安定し、良い方向に向かって発展している。(2018年の)経済のスタートは良好だった」(中国国家統計局 ケイ志宏報道官)

 アメリカの制裁の影響による対米輸出の落ち込みが懸念されていますが、中国国家統計局のケイ報道官は「東側が暗くなっても、西側が明るい」と述べ、競争力が高まった国内企業がアメリカ以外の国々との貿易を拡大し、輸出入のバランスが保たれると自信を見せました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

4月23日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月23日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

4月23日(月)の国際ニュース

4月22日(日)の国際ニュース

4月21日(土)の国際ニュース

4月20日(金)の国際ニュース

4月19日(木)の国際ニュース

4月18日(水)の国際ニュース

4月17日(火)の国際ニュース

4月16日(月)の国際ニュース

過去のニュース