1分39秒

英首相、シリア攻撃の根拠はドゥーマ画像分析結果

 イギリスのメイ首相は16日、議会で演説し、シリア攻撃の根拠となったのは、ドゥーマで化学兵器によるとみられる攻撃の現場画像などを分析した結果であることを明かしました。

 シリアへの攻撃の根拠として、メイ首相は、イギリスの医療と化学専門家がドゥーマでのビデオ画像や報告などを分析したこと、被害者が毒性の化学物質にさらされたと結論づけたこと、WHO=世界保健機関が数百人の患者が出ているとの報告を受けたこと、などを挙げました。

 また、イギリスの攻撃参加については、「我々はトランプ大統領に頼まれたからではなく、正しいことだからやったのだ」として、メイ首相個人の判断であると改めて明言しました。その上で、今もロシア人によるサポートによって、アサド政権は攻撃の証拠隠しの作戦を続行していると、ロシアを批判しました。

 一方、イギリス議会では野党を中心に、今回の攻撃でメイ首相が議会の承認を取らなかったことへの批判が噴出。これに対し、メイ首相は「素早い対応が作戦の統合と、これ以上の苦痛を避けるためには必要だった」と述べ、「政府は国益のため素早く行動する権利がある」と反論しました。一方で、「攻撃の決断については、議会が首相の真意を正す責務がある」と議会からの批判に理解を示しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

4月23日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月23日 3時02分

ニュース番組ダイジェスト

4月23日(月)の国際ニュース

4月21日(土)の国際ニュース

4月20日(金)の国際ニュース

4月19日(木)の国際ニュース

4月18日(水)の国際ニュース

4月17日(火)の国際ニュース

4月16日(月)の国際ニュース

過去のニュース