1分22秒

福田事務次官 “セクハラ発言”報道を否定

 女性記者へのセクハラ発言疑惑をめぐり、財務省は福田淳一事務次官に聴取した結果を発表し、福田氏は、セクハラ発言に関する週刊誌の報道内容を否定しました。

 財務省によりますと、矢野官房長などが福田事務次官に対して、先週、セクハラ発言疑惑について聴取したということです。

 その結果、福田事務次官は「女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない」「女性記者と会食をした覚えもない」と指摘。さらに、「音声データからは、発言の相手がどのような人であるか、本当に女性記者なのかも全くわからない」として、セクハラ発言に関する報道内容を否定するコメントを発表しました。その上で、福田氏は「週刊誌報道は事実と異なるものであり、名誉毀損にあたることから、現在、株式会社新潮社を提訴すべく、準備を進めている」としています。

 また、財務省は、外部の弁護士に委託して調査を続け、「週刊誌報道に示されたようなやりとりをした女性記者の方がいらっしゃれば、調査への協力をお願いしたい」と、財務省を担当する女性記者に周知するよう、報道各社に要請しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

4月21日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月22日 0時02分

ニュース番組ダイジェスト

4月21日(土)の経済ニュース

4月20日(金)の経済ニュース

4月19日(木)の経済ニュース

4月18日(水)の経済ニュース

4月17日(火)の経済ニュース

4月16日(月)の経済ニュース

4月15日(日)の経済ニュース

過去のニュース