1分15秒

群馬県 朝鮮人労働者の追悼碑、更新不許可処分を取り消し

 群馬県の県立公園にある戦時中の朝鮮人労働者の追悼碑について、市民団体が設置期間の更新を認めなかった県の処分の取り消しを求めた裁判の判決で、前橋地裁は処分を違法だとして取り消しました。

 この問題は2014年、群馬県高崎市の県立公園にある戦時中の朝鮮人労働者の追悼碑をめぐり、碑の前で開かれた追悼行事で「強制連行の歴史を全国に訴えたい」などと設置条件に反する「政治的発言」があったとして、県が設置期間の更新を許可しなかったものです。これに対し、追悼碑を管理する市民団体は県の裁量権の乱用だとして、不許可処分の取り消しを求める訴えを起こしていました。

 前橋地裁は14日の判決で、「一部式典が政治性を帯びていたことは否定できない」として、追悼行事の一部が設置条件に違反したと指摘。一方で、公園に具体的な支障は生じていなかったとして、「裁量権の逸脱があり違法」だとして県の処分を取り消しました。

 「許可条件違反があったにもかかわらず、更新申請に対する県の不許可処分が取り消されたことは大変残念である」(群馬県の会見)

 県は「判決文を詳細に検討し、今後の対応を考えたい」としています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

2月19日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月19日 19時2分

ニュース番組ダイジェスト

2月19日(月)の社会ニュース

2月18日(日)の社会ニュース

2月17日(土)の社会ニュース

2月16日(金)の社会ニュース

2月15日(木)の社会ニュース

2月14日(水)の社会ニュース

2月13日(火)の社会ニュース

2月12日(月)の社会ニュース

過去のニュース