1分38秒

ロシアで国内線墜落、乗客乗員71人全員死亡

 ロシアのモスクワ郊外で11日、民間機が離陸直後に墜落し、乗客・乗員71人全員が死亡しました。

 現地時間11日午後2時頃、モスクワのドモジェドボ空港からロシア南西部のオレンブルク州・オルスクに向かっていた「サラトフ航空」のアントノフ148型機が離陸直後に墜落しました。飛行機には地元住民など乗客・乗員あわせて71人が乗っていましたが、ロシアの運輸当局者は全員死亡したとしています。地元当局によると、現場付近では飛行機の破片のほか数人の遺体がみつかったということです。

 在ロシア日本大使館によりますと、「サラトフ航空」の担当者は「乗客の名簿には日本人らしき名前はなく、日本人はいない」と説明しているということです。

 地元メディアは、墜落前にパイロットが管制官に不具合を訴え、近くの空港に緊急着陸する予定だったと報じていますが、地元当局の方は「乗員から技術的な問題の報告はなかった」と、そうした発表がされています。これまでのところ、事故原因はまだ明らかになっていません。

 プーチン大統領は、事故を受け遺族らにお悔やみの言葉を述べたほか、予定されていたソチ行きを中止しました。現場は零下を下回り、吐く息が白い状況ですけれども、雪が降り積もる中での捜索活動は非常に厳しい状況です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

2月19日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月19日 19時2分

ニュース番組ダイジェスト

2月19日(月)の国際ニュース

2月18日(日)の国際ニュース

2月17日(土)の国際ニュース

2月16日(金)の国際ニュース

2月15日(木)の国際ニュース

2月14日(水)の国際ニュース

2月13日(火)の国際ニュース

2月12日(月)の国際ニュース

過去のニュース