1分7秒

民進党と希望の党、統一会派で大筋合意

 民進党と希望の党が、国会で統一会派を組むことについて大筋で合意しました。

 「かなりの部分で歩み寄りができた。党内でこれからいろいろな議論があるかもしれないが、十分それにはこたえることができる内容ではないかと」(民進党・増子輝彦幹事長)

 民進党と希望の党の幹事長は14日、焦点となっていた安全保障関連法への対応など基本政策について詰めの協議を行い、統一会派を組むことで大筋合意しました。15日に国対委員長も出席する会議で最終的に合意したい考えです。

 実現すれば衆参両院で野党第一会派となりますが、一部で反対の声も出ていて紛糾の可能性もあります。

(Q.2党との統一会派はありえないか?)

 「ありえません」(立憲民主党・枝野幸男代表)

 一方、立憲民主党の枝野代表はこの統一会派に合流する考えのないことを強調しました。

 また、自民党の森山国対委員長は「希望の党は民進党を衆議院でほとんど解党するような形で選挙を戦ってきた」として、国民への説明が必要と指摘しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

1月19日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月19日 18時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月19日(金)の政治ニュース

1月18日(木)の政治ニュース

1月17日(水)の政治ニュース

1月16日(火)の政治ニュース

1月15日(月)の政治ニュース

1月14日(日)の政治ニュース

1月13日(土)の政治ニュース

1月12日(金)の政治ニュース

過去のニュース