藤井聡太四段、公式戦で佐藤天彦名人を破る

 将棋の中学生棋士・藤井聡太四段が地元・愛知県で開かれた公開対局で、トップ棋士の一人、佐藤天彦名人を破り、羽生善治竜王との対戦に進みました。

 藤井四段は14日、名古屋市で行われた将棋の公式戦=朝日杯将棋オープンの準々決勝で佐藤天彦名人と対戦しました。

 おととし12月のデビュー以来、公式戦では初めてとなる名人との対局で、藤井四段は121手で勝利をおさめました。

 「他の棋士にはないような個性を感じたし、最後、押し切られた形になった」(佐藤天彦名人)

 「(勝てたのは)自分でも大きなことだった。子どものころのあこがれの存在でもあった羽生先生と戦えるのはとても嬉しい」(藤井聡太四段)

 藤井四段は来月の準決勝で羽生善治竜王と対戦し、史上初となる中学生での公式戦優勝を目指します。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

1月20日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月20日 19時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月20日(土)の社会ニュース

1月19日(金)の社会ニュース

1月18日(木)の社会ニュース

1月17日(水)の社会ニュース

1月16日(火)の社会ニュース

1月15日(月)の社会ニュース

1月14日(日)の社会ニュース

1月13日(土)の社会ニュース

過去のニュース