0分54秒

北朝鮮と韓国が15日に実務者協議、芸術団が議題

 北朝鮮は、平昌オリンピックの参加をめぐって、15日に実務者協議を行うことを韓国側に提案し、韓国側もこれを受け入れました。

 北朝鮮のオリンピックへの参加をめぐる南北の会談は9日の閣僚級会談に続いて2回目となります。韓国統一省によりますと、南北の軍事境界線にある板門店の北朝鮮側にある施設「統一閣」に韓国側が出向き、北朝鮮がオリンピックに派遣する芸術団について話し合うということです。これに先立って、韓国政府は同じ15日に韓国側にある「平和の家」での協議を提案していました。

 北朝鮮側が出してきた代表団の名簿には、女性中心の音楽グループ「牡丹峰楽団」の団長を務める玄松月氏が含まれています。韓国メディアによると、韓国政府は、芸術団がソウルでも歌や踊りの公演を開く方向で調整を進めているということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

1月20日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月20日 19時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月20日(土)の国際ニュース

1月19日(金)の国際ニュース

1月18日(木)の国際ニュース

1月17日(水)の国際ニュース

1月16日(火)の国際ニュース

1月15日(月)の国際ニュース

1月14日(日)の国際ニュース

1月13日(土)の国際ニュース

過去のニュース