0分47秒

外務次官「新たな形の一方的な現状変更」と厳重抗議

 尖閣諸島周辺の接続水域を潜って航行していた潜水艦が中国の潜水艦と確認されたことを受け、外務省の杉山事務次官は中国の程永華大使に「新たな形の一方的な現状変更だ」などと電話で厳重に抗議しました。

 外務省によりますと、尖閣諸島周辺の接続水域に中国の潜水艦が入るのは初めてだということで、杉山次官は「新たな形の一方的な現状変更であり、事態の重大なエスカレーションだ」と厳重に抗議し、再発防止を強く求めました。

 また、中国側が「日本の自衛隊の艦艇が接続水域に入って活動したため海軍が追跡していた」などと説明したことについては、外務省は「自衛隊が警戒監視していた中で中国の潜水艦が尖閣周辺の日本の接続水域に入った。今回の事態の引き金を引いたのは中国だ」と批判しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

1月18日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月18日 21時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月18日(木)の政治ニュース

1月17日(水)の政治ニュース

1月16日(火)の政治ニュース

1月15日(月)の政治ニュース

1月14日(日)の政治ニュース

1月13日(土)の政治ニュース

1月12日(金)の政治ニュース

1月11日(木)の政治ニュース

過去のニュース