1分42秒

JR信越本線 大雪で立往生、乗客430人が12時間以上閉じ込め

 新潟県三条市のJR信越本線で11日夜、およそ430人の乗客が乗った普通列車が大雪のため動けなくなり、12時間以上が経った今も、運転再開の見通しは立っていません。現場からの報告です。

 列車が立ち往生した現場です。およそ430人の乗客が、すでに12時間以上も車内に閉じ込められていて、立ったままの人もいるということです。除雪作業が続いていますが、いまだ運転再開には至っていません。

Q.子どもと連絡は取れていますか?

 「いや、もう、取れない。スマホのバッテリーがなくなって、それで心配で」(乗客の家族)

 11日午後7時ごろ、新潟県三条市のJR信越本線の踏切で、新潟発長岡行きの4両編成の普通列車が大雪で動けなくなりました。列車の照明や暖房はついていて、トイレもありますが、乗客3人が体調不良を訴え、うち1人が病院に救急搬送されました。JR東日本は「積雪が深く、車外に出るのは危険」と判断したということです。

 強い冬型のため、新潟県内は大雪となっていて、三条市も11日夜から雪が降り続いています。長時間、車内に閉じ込められている乗客の体調が心配されます。地元の消防によりますと、体調不良を訴えた人以外にも家族が迎えにきた人など、何人か列車を降りているということです。しかし現在も、列車の運転再開のめどは立っていません。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

1月18日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月18日 20時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月18日(木)の社会ニュース

1月17日(水)の社会ニュース

1月16日(火)の社会ニュース

1月15日(月)の社会ニュース

1月14日(日)の社会ニュース

1月13日(土)の社会ニュース

1月12日(金)の社会ニュース

1月11日(木)の社会ニュース

過去のニュース