1分10秒

横田早紀江さん「訴えは全部やり尽くした」

 横田めぐみさんの母・早紀江さんが加藤拉致問題担当大臣と面会し、「救出のための訴えは全部言い尽くして、全部やり尽くした」と訴え、めぐみさんの同級生らと共に早期救出を願う署名を手渡しました。

 「(北朝鮮から)帰ってきてくれることだけを願って運動しておりますが、もう全部言い尽くして、全部やり尽くして、もうすぐ82歳になりますが、もうこれ以上は動けない状況で」(横田早紀江さん)

 加藤大臣と面会したのは、1977年に新潟市内で拉致された横田めぐみさんの同級生・池田正樹さんらです。池田さんらは、めぐみさんの救出を願うチャリティーコンサートで集めた、およそ3000通の署名を加藤大臣に手渡したうえで、最近は介護が必要で救出活動に立てない85才の横田滋さんについてこう訴えました。

 「お一人で食事ができなくなってしまっているんです」(めぐみさんの同級生 池田正樹さん)

 「国際社会に拉致問題という、人権問題を認知させたのは、滋お父さんの長年の積み重ねの結果だと私は思っていますので、滋お父さんが、めぐみさんが帰国したことを実感できるうちに、元気なうちに帰国を果たしてほしい」(めぐみさんの同級生 清水雅生さん)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

1月18日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月18日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月18日(木)の社会ニュース

1月17日(水)の社会ニュース

1月16日(火)の社会ニュース

1月15日(月)の社会ニュース

1月14日(日)の社会ニュース

1月13日(土)の社会ニュース

1月12日(金)の社会ニュース

1月11日(木)の社会ニュース

過去のニュース