1分28秒

女性宮司を弟が日本刀で切りつけ殺害、弟は自殺か

 7日夜、東京・江東区の富岡八幡宮近くの路上で宮司の58歳の女性が日本刀で切りつけられ、殺害されました。切りつけたのは女性の弟で、弟はその後、死亡し、自殺を図ったとみられています。

 7日午後8時半ごろ、江東区にある富岡八幡宮の近くの路上で、宮司の富岡長子さん(58)が胸などから血を流して倒れているのが見つかりました。

 警視庁によりますと、長子さんの弟の茂永容疑者(56)が車から降りた長子さんを日本刀で切りつけ、さらに茂永容疑者の知人で30代くらいの女が、逃げようとした運転手の男性(33)を日本刀で切りつけたということです。

 長子さんはその後、死亡が確認され、運転手の男性は右腕を深く切って重傷を負いました。現場には日本刀2本とサバイバルナイフ2本が落ちていたということです。

 「背中のあたりを斜めに・・・。警察が『犯人はどこ?』って聞いて、(近くにいた人が)『刀を持った女があっちに行った』と」(目撃者)

 「姉弟同士で金銭問題やお互いの生活を、お互いに非難し合っているような感じ」(富岡八幡宮の関係者)

 茂永容疑者はその後、知人の女を刺して殺害し、さらに自殺を図ったとみられていて、2人とも死亡が確認されました。警視庁は、長子さんと茂永容疑者の間に富岡八幡宮の運営をめぐるトラブルがあったとみて、殺人事件として捜査しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

12月11日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月11日 16時2分

ニュース番組ダイジェスト

12月11日(月)の社会ニュース

12月10日(日)の社会ニュース

12月9日(土)の社会ニュース

12月8日(金)の社会ニュース

12月7日(木)の社会ニュース

12月6日(水)の社会ニュース

12月5日(火)の社会ニュース

12月4日(月)の社会ニュース

過去のニュース