0分53秒

カズオ・イシグロ氏、核廃絶にノーベル平和賞「大きな喜び」

 今年のノーベル文学賞に決まった長崎出身のイギリス人作家カズオ・イシグロ氏が会見を行い、核兵器廃絶国際キャンペーンが平和賞を受賞したのは大きな喜びだと語りました。

 「日本の多くの人は村上春樹さんが受賞するだろうと聞いていた。でも私だった」(カズオ・イシグロ氏)

 10日の授賞式を前に会見したイシグロ氏は、「村上春樹さんが選ばれると思っていた日本の人たちも、私が日本出身であることがわかり祝福してくれた」と改めて受賞の喜びを話しました。

 また、母親が長崎で被爆したことに触れ、「核兵器廃絶国際キャンペーン」ICANが平和賞を受賞したことは、「核の歴史の重要性に光を当てることで、大きな喜びだ」と述べました。その上で、世界が分断され暗い雰囲気に覆われているとし、人々をまとめ上げる何かが必要だと指摘しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月11日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月11日 16時2分

ニュース番組ダイジェスト

12月11日(月)の国際ニュース

12月10日(日)の国際ニュース

12月9日(土)の国際ニュース

12月8日(金)の国際ニュース

12月7日(木)の国際ニュース

12月6日(水)の国際ニュース

12月5日(火)の国際ニュース

12月4日(月)の国際ニュース

過去のニュース