1分5秒

雅子さま、小学生の作文朗読に目潤ませる

 皇太子妃・雅子さまが、小学生の作文の朗読に目を潤ませました。

 皇太子ご夫妻は5日、今月3日から始まった「障害者週間」に伴う功労者らの表彰式に出席されました。皇太子さまが、挨拶に立ったあと、障害者への理解を深める作文やポスターの部門などで個人や団体が表彰され、ご夫妻は、笑顔で拍手を送られていました。

 「弟は(成長が)ゆっくりだけど、自分でくつもはけるし、歩くこともできるのです。弟はかけがえのない家ぞくの一いんです」(最優秀賞受賞 小学2年生の朗読)

 最優秀賞を受賞した小学2年生の女の子が障害のある4歳の弟についての作文を朗読すると、雅子さまは、時折うなずき目を潤ませながら聞かれていました。

 この後、雅子さまは、小学生に「感動しました。良い作文でした」と感想を伝え、4歳の弟にも「元気で健やかに育っていますね」と、優しく声をかけられたということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月12日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月12日 17時2分

ニュース番組ダイジェスト

12月12日(火)の社会ニュース

12月11日(月)の社会ニュース

12月10日(日)の社会ニュース

12月9日(土)の社会ニュース

12月8日(金)の社会ニュース

12月7日(木)の社会ニュース

12月6日(水)の社会ニュース

12月5日(火)の社会ニュース

過去のニュース