0分46秒

デルタ航空機の窓にひび、成田空港に引き返す

 成田発グアム行きのデルタ航空の旅客機が、飛行中にコックピットの窓ガラスにひびが入ったため、成田空港に引き返しました。

 成田空港に引き返してきたデルタ航空機。コックピットの窓に長いひびが入っています。この旅客機は、午前10時に成田を出発し、グアムに向かっていたデルタ航空608便です。

 デルタ航空によりますと、午前11時半頃、巡航高度およそ1万1000メートルを飛行していた際に、突然、窓ガラスにひびが入ったということです。機内の空気や油圧に変化はありませんでしたが、グアムでは機体の修理ができないため、成田に引き返しました。乗客乗員合わせて108人にけがはありませんでした。

 国土交通省は、ひびが入った原因はわからないとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月12日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月12日 17時2分

ニュース番組ダイジェスト

12月12日(火)の社会ニュース

12月11日(月)の社会ニュース

12月10日(日)の社会ニュース

12月9日(土)の社会ニュース

12月8日(金)の社会ニュース

12月7日(木)の社会ニュース

12月6日(水)の社会ニュース

12月5日(火)の社会ニュース

過去のニュース