1分15秒

「人食いバクテリア」感染、過去最多に

 「人食いバクテリア」とも呼ばれる「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の今年の患者数が493人となり、過去最多になったことが分かりました。

 「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」は、主に「A群溶血性レンサ球菌」という細菌に感染することで引き起こされ、手足の筋肉が急激に壊死し、多臓器不全などになることがあり、致死率は30%にのぼります。

 国立感染症研究所によりますと、今年の患者の数は先月26日までで493人にのぼり、調査を始めた1999年以降で、最多となりました。今年6月、42歳で亡くなったプロ野球・西武の森慎二コーチも溶連菌の感染による多臓器不全でした。

 「(初期症状は)だいたい足が多いですけども、そこが腫れる。最初は赤くなってきて腫れてきて熱が出る、そこからだんだん色が紫色になってくる、というとちょっと危ないですね。腫れがどんどん上に上がってくる。それが時間単位で上がってくる」(東京女子医科大学 菊池賢教授)

 専門家は、できるだけ早く治療を始めることが必要だとしてます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月12日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月12日 17時2分

ニュース番組ダイジェスト

12月12日(火)の社会ニュース

12月11日(月)の社会ニュース

12月10日(日)の社会ニュース

12月9日(土)の社会ニュース

12月8日(金)の社会ニュース

12月7日(木)の社会ニュース

12月6日(水)の社会ニュース

12月5日(火)の社会ニュース

過去のニュース