0分53秒

キム・ヨナさん、平昌五輪に向け紛争停止を訴え

 韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックの親善大使を務める元フィギュアスケート選手、キム・ヨナさんがニューヨークの国連本部でオリンピック期間中の紛争停止を訴え、「休戦決議案」が採択されました。

 「平昌は南北の凍(い)てついた国境を越え、平和な環境を育む真摯(しんし)な努力を体現するものです」(キム・ヨナさん)

 13日、ニューヨークの国連本部で演説を行ったのは、平昌オリンピックの親善大使を務める元フィギュアスケート選手、キム・ヨナさんです。キム・ヨナさんは、北朝鮮を含む全ての国連加盟国に対し、オリンピック期間中の紛争停止を求める「休戦決議案」への賛成を呼びかけ、決議案は採択されました。

 この決議案は、古代ギリシャの伝統にのっとり1993年以来、大会の前に国連で採択されています。平昌大会は北朝鮮の挑発による安全性を危惧する声もあがるなか、キム・ヨナさんは「全世界の人と平和の精神を分かち合う機会になると信じている」と語りました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月21日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月21日 11時2分

ニュース番組ダイジェスト

11月21日(火)の国際ニュース

11月20日(月)の国際ニュース

11月19日(日)の国際ニュース

11月18日(土)の国際ニュース

11月17日(金)の国際ニュース

11月16日(木)の国際ニュース

11月15日(水)の国際ニュース

11月14日(火)の国際ニュース

過去のニュース