0分49秒

都 東京湾の人工島、調停打ち切り

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックで競技会場が設けられる東京湾の埋め立て地の帰属について、大田区と江東区が争っている問題で、東京都は解決の見込みがないとして、調停を打ち切りました。

 東京湾の「中央防波堤埋立地」をめぐっては、江東区におよそ86%、大田区におよそ14%を帰属させるという調停案を都が示しましたが、大田区は受け入れを拒否し、江東区を相手に裁判を起こしました。これを受け、東京都は解決の見込みがないとして調停を打ち切りました。

 今後は司法の場で帰属が争われることになりますが、調停案を受け入れることを明らかにしていた江東区の山崎孝明区長は「誠に遺憾であり、残念にほかならない。帰属問題は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会前までの早期解決を図ることが何より重要だ」とのコメントを出しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

11月21日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月21日 11時2分

ニュース番組ダイジェスト

11月21日(火)の社会ニュース

11月20日(月)の社会ニュース

11月19日(日)の社会ニュース

11月18日(土)の社会ニュース

11月17日(金)の社会ニュース

11月16日(木)の社会ニュース

11月15日(水)の社会ニュース

11月14日(火)の社会ニュース

過去のニュース