0分50秒

豊洲市場 4回目の入札不調、「移転の前提」追加対策工事で

 築地から豊洲への市場移転の前提となっている追加対策工事の入札がまた、不調となりました。追加対策工事をめぐる入札の不調は今回で4回目です。

 市場移転の前提となっている豊洲市場の土壌汚染対策の追加工事について、東京都はあわせて9件の工事を発注していますが、このうち3件について13日に入札が行われ、1件は成立しましたが、2件が不調に終わりました。不調となったのは水産仲卸売場棟の地下ピットの換気機能を強化する工事とコンクリートを敷設する工事で、いずれも予定価格を上回り、不調となったということです。

 追加対策工事をめぐる入札の不調は今回で4回目で、これまでに契約が成立したのは2件にとどまっています。

 東京都は年内に契約を結べば移転のスケジュールに影響はないとしていて、再発注に向けて速やかに手続きを行うとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月21日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月21日 11時2分

ニュース番組ダイジェスト

11月21日(火)の社会ニュース

11月20日(月)の社会ニュース

11月19日(日)の社会ニュース

11月18日(土)の社会ニュース

11月17日(金)の社会ニュース

11月16日(木)の社会ニュース

11月15日(水)の社会ニュース

11月14日(火)の社会ニュース

過去のニュース