1分19秒

医療ミスで男児障害、母親に賠償金1億円余り支払いへ

 大分県の中津市民病院で出産直後の男の子が医療ミスによって脳性まひになったとして、市は母親に1億4000万円の賠償金を支払う方針を明らかにしました。

 大分県中津市によりますと、2011年、中津市民病院で市内に住む女性が男の子を出産した際、乳児が低血糖によってショック状態となり、脳性まひの障害が残りました。その後、女性の指摘を受けて病院が調査した結果、男性医師が男の子の低血糖の経過観察を見過ごしていたことが発覚しました。病院側は適切な処置をしていなかったと認め、女性に1億4000万円を支払うことで和解する方針ということです。

 「生まれてすぐショック状態になりまして、適切な血糖管理ができていなかったことをその時点で申し訳なかったと説明、謝罪しています」(中津市民病院 大下洋志 事務部長)

 一方、女性は弁護士を通じて「市民病院には今後このようなミスを起こさないとともに、公正適切な医療の提供を望みます」とコメントしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月21日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月21日 11時2分

ニュース番組ダイジェスト

11月21日(火)の社会ニュース

11月20日(月)の社会ニュース

11月19日(日)の社会ニュース

11月18日(土)の社会ニュース

11月17日(金)の社会ニュース

11月16日(木)の社会ニュース

11月15日(水)の社会ニュース

11月14日(火)の社会ニュース

過去のニュース