稲葉ジャパン 代表発表、若き侍がアジアの頂点狙う

 侍ジャパン・稲葉新監督の初陣となる来月の「アジアプロ野球チャンピオンシップ」。日本・韓国・台湾の3チームが参加し、24歳以下もしくは入団3年目までの選手が出場します。

 その侍メンバー25人が12日に発表され、外野手では楽天のオコエ瑠偉選手が代表入り。抜群の身体能力を誇る20歳が、侍ジャパンでも躍動します。さらに、西武の新4番・山川穂高選手がオーバーエイジ枠で選出。100キロの巨体を生かし23ホーマーを放った男が、サムライ打線を引っ張ります。

 「負けるわけにはいかない。アジアのライバル、台湾・韓国に日本の強さを示していきたい」(稲葉篤紀監督)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月19日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月19日 23時2分

ニュース番組ダイジェスト

10月19日(木)のカルチャーニュース

10月18日(水)のカルチャーニュース

10月17日(火)のカルチャーニュース

10月16日(月)のカルチャーニュース

10月15日(日)のカルチャーニュース

10月14日(土)のカルチャーニュース

10月13日(金)のカルチャーニュース

10月12日(木)のカルチャーニュース

過去のニュース