0分48秒

新燃岳 噴火続く、ドローンで火口撮影

 2011年以来の噴火、12日も続いています。

 鹿児島と宮崎にまたがる霧島連山の新燃岳は、11日の朝から噴火が継続していて一時、噴煙が火口から2000メートルの高さに達しました。

 12日は東京大学が飛ばしたドローンが火口の様子を捉えました。灰色の噴煙が噴き出し続けています。

 「けさの噴煙の状況を見ると(噴火活動が)活発になっているので、しばらく噴火は続くのかなと思う」(東京大学 地震研究所 中田節也 教授)

 鹿児島県霧島市では、噴火活動で発生した「鳴動」とみられる「ゴー」という音が聞こえました。気象台は、今後の火山活動に引き続き警戒を呼びかけています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月19日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月19日 1時2分

ニュース番組ダイジェスト

10月19日(木)の社会ニュース

10月17日(火)の社会ニュース

10月16日(月)の社会ニュース

10月15日(日)の社会ニュース

10月14日(土)の社会ニュース

10月13日(金)の社会ニュース

10月12日(木)の社会ニュース

過去のニュース