0分46秒

台湾・蔡総統、中国との関係「圧力にも屈しない」

 台湾の蔡英文総統は10日、辛亥革命を記念する式典で演説し、中国との関係について「対抗という、かつての道も歩まないし、圧力にも屈しない」と、これまでの姿勢を改めて強調しました。

 台湾では10日、中国の清朝を倒した辛亥革命を記念して、「双十節」の式典が行われました。その中で蔡英文総統は、中国との関係について、「対抗という、かつての道も歩まないし、圧力にも屈しない」と、これまでの姿勢を改めて強調するとともに、「30年間築いてきた成果と善意を大切にし、関係の打開を模索していく」と述べました。

 去年5月に発足した蔡英文政権は、中国が求めている「1つの中国」の原則を認めていないため、公的な対話が途絶えるなど関係が急速に悪化し、中国側が圧力を強めています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月17日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月17日 20時2分

ニュース番組ダイジェスト

10月17日(火)の国際ニュース

10月16日(月)の国際ニュース

10月15日(日)の国際ニュース

10月14日(土)の国際ニュース

10月13日(金)の国際ニュース

10月12日(木)の国際ニュース

10月11日(水)の国際ニュース

10月10日(火)の国際ニュース

過去のニュース