1分20秒

11年前の川崎通り魔殺人、別事件で服役中の男を殺人容疑で逮捕

 11年前、川崎市のトンネルで当時27歳の女性が刃物で刺され殺害された事件で、警察は、別の通り魔事件で服役していた37歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。

 殺人の疑いで逮捕されたのは、鈴木洋一容疑者(37)です。鈴木容疑者は、2006年9月、川崎市宮前区のトンネル内で、帰宅途中の黒沼由理さん(当時27)の腹や胸を刃物で刺し殺害した疑いが持たれています。

 鈴木容疑者(37)は黒沼さんが殺害された翌年、別の通り魔事件を起こしていて、現場のトンネルから1.5キロほど離れた路上で、面識のない女性(当時40)を刃物で刺して重傷を負わせた殺人未遂の罪で、懲役10年の判決を受け服役していました。

 黒沼さんの事件をめぐっては、当初から鈴木容疑者の関与が疑われていましたが、去年1月になって、鈴木容疑者が関与をほのめかすハガキを警察に出したことをきっかけとして、警察が捜査を進め今回逮捕に至りました。

 捜査関係者によりますと、鈴木容疑者は、黒沼さんの殺害について、「バスから下車する黒沼さんを見かけ、隠していた包丁で正面から2か所刺した」などと話しているということです。

 容疑者逮捕を受け、黒沼さんの両親は、「一筋の光明を見い出した思いです。容疑者が事件に向き合い正直に話をすることを切に望んでいます」とのコメントを出しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月17日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月17日 20時2分

ニュース番組ダイジェスト

10月17日(火)の社会ニュース

10月16日(月)の社会ニュース

10月15日(日)の社会ニュース

10月14日(土)の社会ニュース

10月13日(金)の社会ニュース

10月12日(木)の社会ニュース

10月11日(水)の社会ニュース

10月10日(火)の社会ニュース

過去のニュース