東名夫婦死亡事故、過失運転致死傷などの疑いで男逮捕

 今年6月、神奈川県の東名高速で、追い越し車線に停まっていた車に後続車が追突し静岡県の夫婦が死亡した事故で、警察は夫婦の車を無理やり追い越し車線に止めさせたとして、福岡県に住む20代の男を逮捕しました。

 過失運転致死傷などの疑いで逮捕されたのは、福岡県の建設作業員・石橋和歩容疑者です。

 石橋容疑者は、今年6月、神奈川県大井町の東名高速で、注意を受けたワゴン車の前に強引に割り込むなどして無理やり追い越し車線に停車させた疑いがもたれています。石橋容疑者のこの行為の直後にワゴン車は大型トラックに追突され、運転していた静岡県の萩山友香さん(当時39)と夫の嘉久さん(当時45)が死亡しました。

 逮捕前、石橋容疑者はJNNの取材に対し、「夫婦の車にあおられたので止まった」と反論していました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月17日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月17日 20時2分

ニュース番組ダイジェスト

10月17日(火)の社会ニュース

10月16日(月)の社会ニュース

10月15日(日)の社会ニュース

10月14日(土)の社会ニュース

10月13日(金)の社会ニュース

10月12日(木)の社会ニュース

10月11日(水)の社会ニュース

10月10日(火)の社会ニュース

過去のニュース