0分38秒

神戸製鋼 データ改ざんアルミ製品、H2Aロケットにも使用

 10日に打ち上げられたH2Aロケットに、神戸製鋼所がデータを改ざんしていたアルミ製品が使われていたことが新たにわかりました。

 ロケットを製造した三菱重工業は、「安全性に問題はないことを確認している」と説明しています。

 データが改ざんされた製品は、これまでに三菱重工の子会社が開発中の国産初のジェット旅客機・「MRJ」のほか、トヨタ自動車や日産自動車、マツダやSUBARUなどの自動車部品にも使われていたことがわかっていて、神戸製鋼所によるデータ改ざんの影響は徐々に広がりをみせています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月17日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月17日 20時2分

ニュース番組ダイジェスト

10月17日(火)の経済ニュース

10月16日(月)の経済ニュース

10月13日(金)の経済ニュース

10月12日(木)の経済ニュース

10月11日(水)の経済ニュース

10月10日(火)の経済ニュース

過去のニュース