0分43秒

民進・笠議員と後藤議員、15日に離党届提出へ

 民進党の離党予備軍のうち2人が、離党の意向を固めました。

 民進党の離党ドミノが止まりません。国対委員長代理などを務めた笠浩史衆院議員と後藤祐一衆院議員の2人が14日、離党の意向を固めました。

 笠氏によると、大島幹事長に慰留されたものの、「自民党に対抗する勢力を結集させたい」として、離党の考えを既に伝えたということで、15日正午に後藤氏とともに離党届を提出する予定です。

 民進党内には、このほかにも離党を検討するいわゆる“離党予備軍”が複数いますが、前原代表は今週中に決着をつける考えを示していることから、残った“離党予備軍”の扱いが焦点となります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月20日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月20日 0時2分

ニュース番組ダイジェスト

9月20日(水)の政治ニュース

9月18日(月)の政治ニュース

9月17日(日)の政治ニュース

9月16日(土)の政治ニュース

9月15日(金)の政治ニュース

9月14日(木)の政治ニュース

9月13日(水)の政治ニュース

過去のニュース