0分48秒

前山梨市長の元妻 詐欺事件、初公判で無罪主張

 前の山梨市長の元妻が男性から3億円あまりをだまし取ったとされる事件の初公判が開かれ、元妻は「被害者をだましたことはない」と無罪を主張しました。

 山梨市の前市長・望月清賢被告(70)の元妻で石材会社社長・望月治美被告(61)は、2011年から13年にかけて埼玉県の男性に「石材の転売利益を得ることができるので資金を融通してほしい」などとウソをつき、およそ3億7000万円をだまし取った罪に問われています。

 14日の初公判で、治美被告は「別の知人男性から金を借りただけで、被害者をだましたことはありません」と述べて、起訴内容を否認し、弁護側も無罪を主張しました。検察側は冒頭陳述で、「被害者の男性を石材会社に案内し、『仕入れている石材はこれです』と指さしながらウソの説明をした」などと主張しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月20日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月20日 9時2分

ニュース番組ダイジェスト

9月20日(水)の社会ニュース

9月19日(火)の社会ニュース

9月18日(月)の社会ニュース

9月17日(日)の社会ニュース

9月16日(土)の社会ニュース

9月15日(金)の社会ニュース

9月14日(木)の社会ニュース

9月13日(水)の社会ニュース

過去のニュース