1分4秒

朝鮮学校“無償化”訴訟、元生徒らの訴え棄却 東京地裁

 高校の授業料無償化をめぐり、朝鮮学校を対象から外したのは違法だとして元生徒らが国を訴えた裁判で、東京地裁は元生徒らの訴えを棄却しました。

 集まった傍聴希望者は、およそ1500人。判決を聞いてため息や怒号があがりました。

 高校の授業料無償化について、国は朝鮮学校を「朝鮮総連と密接な関係にある」として「対象外」にしています。これについて裁判では、元生徒ら62人が「子どもの学習環境が国家の対立などに左右されてはならず違法だ」として、国に1人10万円の賠償を求めているものです。

 13日の判決で東京地裁は、「無償化の資金が授業料に確実に充てられるかや学校運営が適正か十分な確証が得られない」として、元生徒らの訴えを棄却しました。

 「朝鮮人として育つ子どもたちの未来、笑顔を全て奪った判決に、私は憤りを隠せません」(元生徒の男性)

 原告側は控訴する方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月20日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月20日 12時2分

ニュース番組ダイジェスト

9月20日(水)の社会ニュース

9月19日(火)の社会ニュース

9月18日(月)の社会ニュース

9月17日(日)の社会ニュース

9月16日(土)の社会ニュース

9月15日(金)の社会ニュース

9月14日(木)の社会ニュース

9月13日(水)の社会ニュース

過去のニュース