0分48秒

宇都宮・障害者施設傷害事件、関係者が“入所者暴行”目撃

 栃木県宇都宮市の障害者支援施設で、知的障害のある男性に暴行を加えたとして職員の女らが逮捕された事件で、施設の関係者が女らが暴行を行う様子を目撃していたことが新たに分かりました。

 宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」の職員・松本亜希子容疑者(25)は今年4月、入所していた知的障害のある28歳の男性に足で蹴るなどの暴行を加え、重傷を負わせた疑いで、13日未明、逮捕されました。すでに逮捕された入所者で職員を補助するかたちで働いていた佐藤大希容疑者(22)は13日朝、送検されました。

 その後の警察への取材で、施設の関係者が2人が男性に暴行を行う様子を目撃していたことが新たに分かりました。取り調べに対し佐藤容疑者は容疑を認めているということですが、松本容疑者は「暴行をはたらいたが足で蹴ってはいない」と容疑を一部否認しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月20日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月20日 12時2分

ニュース番組ダイジェスト

9月20日(水)の社会ニュース

9月19日(火)の社会ニュース

9月18日(月)の社会ニュース

9月17日(日)の社会ニュース

9月16日(土)の社会ニュース

9月15日(金)の社会ニュース

9月14日(木)の社会ニュース

9月13日(水)の社会ニュース

過去のニュース