桃田賢斗選手 優勝逃す、バドミントン・カナダOP

 バドミントンのカナダオープン決勝。1年3か月ぶりに国際大会に復帰した桃田賢斗選手が常山幹太選手との日本人対決に挑みました。

 違法賭博により出場停止処分を受けていた桃田選手。失った世界ランクを取り戻すために負けられません。しかし、最終ゲーム。シード権がなく、すでにこの大会8試合目の桃田選手のスタミナは限界に・・・。勝負どころで集中力を欠き、ミスを連発してしまいます。

 個人戦では復帰から19試合目にして初黒星を喫したものの、3年後の東京オリンピックへ、今後も国際大会を転戦する予定です。

 「出させてもらえる大会は全て勝てるように、感謝の気持ちを忘れず、日々精進していきたい」(桃田賢斗選手)

【試合結果】

 常山幹太 2-1 桃田賢斗

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月21日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月21日 11時2分

ニュース番組ダイジェスト

7月21日(金)のカルチャーニュース

7月19日(水)のカルチャーニュース

7月18日(火)のカルチャーニュース

7月17日(月)のカルチャーニュース

7月16日(日)のカルチャーニュース

7月15日(土)のカルチャーニュース

7月14日(金)のカルチャーニュース

過去のニュース