0分37秒

南米チリで10年ぶりの大雪、大規模な停電も

 10年ぶりに雪が積もりました。

 辺り一面の銀世界。15日、南米チリの首都サンティアゴは大雪となりました。

 南半球のチリは現在、冬ですが、サンティアゴで雪が積もるのは10年ぶりということで、地元住民はこぞって雪遊びをしています。

 一方、地元紙によりますと氷の除去作業中に作業員1人が死亡したほか、破損した電線に触れた2人が負傷しました。28万人以上に影響する大規模な停電も発生していますが、今後、さらに雪が降る可能性があり、注意が呼びかけられています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月21日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月21日 19時2分

ニュース番組ダイジェスト

7月21日(金)の国際ニュース

7月20日(木)の国際ニュース

7月19日(水)の国際ニュース

7月18日(火)の国際ニュース

7月17日(月)の国際ニュース

7月16日(日)の国際ニュース

7月15日(土)の国際ニュース

7月14日(金)の国際ニュース

過去のニュース