2分18秒

神戸5人死傷事件、逮捕された親族の男は殺人に関与か

 16日朝、神戸市北区で3人が刃物で刺されて死亡し2人が重傷を負った事件で、警察は殺人事件として捜査本部を設置しました。警察は現場近くで血のついた包丁を所持していた親族の男を逮捕しましたが、この男が殺人にも関与したとみて調べる方針です。

 神戸市北区の民家で男女2人が死亡し、警察は、近くの神社で血のついた包丁や金属バットを所持していた、亡くなった2人の孫の男を逮捕しました。

 銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、神戸市北区の無職・竹島叶実容疑者(26)です。警察によりますと、午前6時すぎに、この家に住む南部達夫さん(83)から「誰か来てください」と110番通報があり、警察官が駆けつけると、竹島容疑者の祖父母の南部さんと観雪さん(83)が胸や背中を刃物で刺されていて、まもなく死亡が確認されました。

 「人柄は温厚で優しくて、誰にでも好かれるタイプ。(Q.奥さんはどんな人?)奥さんは優しそうな、仲の良い夫婦でしたよ。(Q.孫については?)それは全然聞いたことないです」(南部達夫さんの知人)

 現場では母親の知子さん(52)も頭を切られるなどの重傷、また、2軒隣に住む辻やゑ子さん(79)が血まみれの状態で駐車場で見つかり、その後、死亡しました。さらに近くに住む前北操さん(65)も頭や顔から血を流して重傷だということです。

 「ショックやったわ。血で頭も髪の毛も全部、顔も腫れてた。やられたところより家の方に帰ってきて、そこで倒れていた。必死で帰ってきたんだろう」(前北さんを目撃した人)

 警察は、近くの神社で血のついた包丁や金属バットを所持していた竹島容疑者を逮捕し、取り調べに対して、「家にあった包丁で刺してやろうと思った」と供述しているということです。

 警察は捜査本部を設置。母親の知子さんが「息子にやられた」などと話していることから、竹島容疑者から事情を聴き、容疑が固まり次第、殺人容疑で逮捕状を請求するということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

7月21日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月21日 11時2分

ニュース番組ダイジェスト

7月21日(金)の社会ニュース

7月20日(木)の社会ニュース

7月19日(水)の社会ニュース

7月18日(火)の社会ニュース

7月17日(月)の社会ニュース

7月16日(日)の社会ニュース

7月15日(土)の社会ニュース

7月14日(金)の社会ニュース

過去のニュース