0分51秒

中国公船が相次ぎ領海侵入、九州北部で初めて確認

 九州北部の領海で15日、中国公船の侵入が相次いで確認されました。九州北部の領海で中国公船の侵入を確認したのは初めてです。

 第7管区海上保安本部によりますと、15日正午前、中国海警局の船1隻が長崎県対馬下島周辺の日本の領海に侵入、およそ30分後に領海を出ました。さらに、午後4時前には、この船を含む中国公船2隻が福岡県宗像市の沖ノ島北側の領海に侵入し、およそ1時間後に領海から出ました。

 九州北部の領海で中国公船の侵入が確認されたのは初めてですが、7管は「無害通航権」が認められているため、領海侵犯にはあたらないと判断しています。

 一方、今回の事態を受け、外務省は「領海侵入の意図が分からない」として、抗議ではなく「関心の表明」を行いました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月21日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月21日 11時2分

ニュース番組ダイジェスト

7月21日(金)の社会ニュース

7月20日(木)の社会ニュース

7月19日(水)の社会ニュース

7月18日(火)の社会ニュース

7月17日(月)の社会ニュース

7月16日(日)の社会ニュース

7月15日(土)の社会ニュース

7月14日(金)の社会ニュース

過去のニュース