0分51秒

衆議院小選挙区、「6減」区割り改定法が施行

 「1票の格差」是正のため、衆議院の小選挙区を「6減」するなどした新たな区割り改定法が16日、施行されました。

 16日に施行された改正公選法では、衆議院小選挙区の新たな区割りについて、小選挙区の定数を青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で1ずつ削減。19都道府県の97選挙区で区割りの線引きを見直し、「1票の格差」は1.999倍に縮まりました。

 また比例代表の東北、北関東、近畿、九州の4ブロックの定数も1ずつ減らされ、衆議院の定数は戦後最少の465議席となります。

 最高裁はこれまでの区割りによる「1票の格差」を違憲状態と判断していたため、安倍総理の解散権が制約されるとも指摘されていましたが、制約は解消されたことになります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月22日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月22日 19時2分

ニュース番組ダイジェスト

7月22日(土)の政治ニュース

7月21日(金)の政治ニュース

7月20日(木)の政治ニュース

7月19日(水)の政治ニュース

7月18日(火)の政治ニュース

7月16日(日)の政治ニュース

7月15日(土)の政治ニュース

過去のニュース