1分21秒

大分・日田市、豪雨被災者への支援の輪広がる

 大分県日田市では災害ボランティアの活動が本格化するなど、住民への支援の輪が広がっています。

 13日も34度を超える暑さとなった日田市では、全国から訪れた176人のボランティアが被災した家の復旧作業を手伝いました。

 「地元の人が大変だと思うので、私たちはできることを少しでも手伝うだけ」(ボランティア)

 「皆さん遠方から来ているので、結構パワーをもらいます」

 日田市では、これまでに延べ842人のボランティアが活動していて、活動の範囲は今後、さらに広がる見込みです。

 「被災者を支援しようと、熊本地震で被災した高森町から調理ができる特別車両が駆けつけました」(記者)

 こうした中、日田市の避難所には、熊本県高森町の職員が「キッチンカー」とともに支援に訪れました。15日まで炊き出しや保健師による健康相談を実施します。

 「避難している人が笑顔になれたり、明日への活力になれたらいいと思うので、一生懸命気持ちが伝わるように作ります」(高森町地域おこし協力隊 加藤誠佑さん)

 日田市内では被災者を入浴施設まで送迎するバスも13日から運行を始めていて、避難所生活を送る被災者にとって貴重な支援となっています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

7月21日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月21日 19時2分

ニュース番組ダイジェスト

7月21日(金)の社会ニュース

7月20日(木)の社会ニュース

7月19日(水)の社会ニュース

7月18日(火)の社会ニュース

7月17日(月)の社会ニュース

7月16日(日)の社会ニュース

7月15日(土)の社会ニュース

7月14日(金)の社会ニュース

過去のニュース