英・ロンドン自動車突入、テロ事件として捜査

 イギリス・ロンドンで19日、車が突然、歩道に突っ込み歩行者を次々とはねて、これまでに1人が死亡、10人がけがをしました。ロンドン警視庁は、車を運転していた男を逮捕、テロ事件として捜査を進めています。

 今年に入ってから大規模なテロが相次いでいるイギリスで、再び、痛ましい事件が。19日の午前1時ごろ、ロンドン北部で、1台の車が、突然、歩道を歩く人々の中に突っ込んだのです。

 JNNは、車を運転していたとみられる男が拘束された直後の映像を入手しました。映像には、市民に取り押さえられ、警察に引き渡された1人の男の姿が。怒声をあげながら押し寄せる群衆を、警察官が必死に制止します。警察車両に乗せられる男に激しい怒りの声が浴びせられるなか、現場では助けを求める必死の叫びが上がります。現地の警察は、これまでに1人が死亡、10人がけがをして、そのうち8人が病院に搬送されたと発表しました。

 事件があったのは、ロンドン北部・フィンズベリーパーク駅にほど近い、イスラム教のモスクから歩いてすぐの場所。

 「ラマダンの時期なので現場周辺の道はかなり混雑していた。多くの人がモスクで礼拝を終え出てきたところに車が突っ込んだ」(目撃者)

 イスラム教徒にとって、この時期は1年で最も大切な断食月=ラマダンに当たり、現場近くのモスクには深夜にもかかわらず、イスラム教徒が礼拝に訪れていました。そのイスラム教徒たちが、礼拝を終えてモスクから出てきたところに、1台の車が突っ込んだのです。

 「男の運転する車が歩道のイスラム教徒の集団にそのまま突っ込み全員をひいていった」(目撃者)

 警察は、バンを運転していた47歳の男を逮捕しました。事件現場の目の前に住んでいる日本人留学生は、男が逮捕されるまでの一部始終を目撃していました。

 「車が壁みたいなのに突っ込むような音がした。ブレーキの音みたいなのがした。結構激しめのタイヤが地面をこする音というか。車が一旦停止して、そのトラックの中から運転手の人というか。犯人を歩行者や通りかかった人が引きずり下ろして、殴る蹴るっていう感じでした」(現場前に住む日本人留学生)

 イギリスのメイ首相は、事件を受けて、19日の朝に緊急の会議を招集すると発表。「テロの可能性がある」として、警察が捜査に当たることを明らかにしました。イギリスでは先月、中部マンチェスターで22人が犠牲となる自爆テロが発生し、今月3日にはロンドン中心部で車が暴走した上、通行人が刃物で襲われるテロが起きたばかりです。

 イギリスは、今、止まらない暴力の連鎖という深刻な危機に直面しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

6月25日(日)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月25日 11時2分

ニュース番組ダイジェスト

6月25日(日)の国際ニュース

6月23日(金)の国際ニュース

6月22日(木)の国際ニュース

6月21日(水)の国際ニュース

6月20日(火)の国際ニュース

6月19日(月)の国際ニュース

6月18日(日)の国際ニュース

過去のニュース