0分49秒

東京湾で「青潮」発生、漁業への影響懸念

 東京湾の千葉市から船橋市の広い範囲で「青潮」が発生し、漁業への影響が懸念されています。

 千葉県によりますと、「青潮」は19日午前8時ごろから東京湾の千葉市から船橋市にかけての広い範囲で確認されています。

 「青潮」はプランクトンの死骸が異常に発生することによって、海水に含まれる酸素が極端に減って起こる現象です。気温が上がり強い北風が吹いた後に起こりやすく、夏から秋にかけて多く見られます。

 現時点で漁業への被害は確認されていませんが、「青潮」が続くと、海底にいる貝類も死んでしまうため、漁業への影響が懸念されています。

 「青潮」の被害では、2014年に東京湾の北部海域で発生前のおよそ6割にあたる4000トンのアサリが死滅する被害が起きています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月26日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月26日 7時2分

ニュース番組ダイジェスト

6月26日(月)の社会ニュース

6月25日(日)の社会ニュース

6月24日(土)の社会ニュース

6月23日(金)の社会ニュース

6月22日(木)の社会ニュース

6月21日(水)の社会ニュース

6月20日(火)の社会ニュース

6月19日(月)の社会ニュース

過去のニュース