0分51秒

マリ・リゾートホテル襲撃、イスラム過激派の犯行か

 西アフリカのマリにある外国人が多く滞在するリゾート施設で18日、イスラム過激派組織によるものとみられる襲撃があり、少なくとも2人が死亡しました。

 AP通信によりますと18日午後、マリの首都バマコ郊外にある外国人に人気のあるリゾート施設を武装した男らが襲撃し、一時、人質をとり立てこもりました。治安当局は少なくとも2人が死亡したと発表。30人を超える宿泊客が救出されましたが、襲撃犯の1人は逃走したということです。これまでに日本人が巻き込まれたとの情報はありません。目撃者は、襲撃犯が「神は偉大なり」などと叫びながら施設に押し入ったと話しています。

 マリではアルカイダ系のイスラム過激派組織などが活動を活発化させていて、おととし11月には首都の外資系ホテルが襲撃され、20人が死亡する事件が起きています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月25日(日)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月25日 11時2分

ニュース番組ダイジェスト

6月25日(日)の国際ニュース

6月23日(金)の国際ニュース

6月22日(木)の国際ニュース

6月21日(水)の国際ニュース

6月20日(火)の国際ニュース

6月19日(月)の国際ニュース

6月18日(日)の国際ニュース

過去のニュース