0分45秒

仙台の男子中学生、自殺前日に教諭から体罰

 いじめを受けていた仙台市の中学校の男子生徒が先月、自殺した問題で、この生徒が教諭から頭をげんこつで叩かれるなどの体罰を受けていたことが分かりました。

 仙台市教育委員会によりますと、男子生徒は自殺する前日の先月25日、50代の男性教諭から授業終了の挨拶の際、寝ていたという理由で、頭をげんこつで叩かれるなどしていました。

 教諭はこれまで、体罰を申し出ておらず、18日、同級生の保護者が校長に連絡したことで発覚しました。男子生徒が通っていた中学校では19日夜、校長が保護者に体罰の事実を報告し、謝罪しました。

 この男子生徒は、いじめを受けていたことが分かっていて、市教委では、体罰が自殺の原因となったかについても調査する方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月23日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月23日 2時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月23日(火)の社会ニュース

5月22日(月)の社会ニュース

5月21日(日)の社会ニュース

5月20日(土)の社会ニュース

5月19日(金)の社会ニュース

5月18日(木)の社会ニュース

5月17日(水)の社会ニュース

5月16日(火)の社会ニュース

過去のニュース