0分58秒

鳥取の高校が韓国への生徒派遣中止、北朝鮮情勢受け

 北朝鮮をめぐる情勢が緊迫化していることを受け、鳥取県内の高校では韓国への修学旅行を取りやめるなど、交流事業にも影響が出始めています。

 鳥取県米子市にある米子高校は、姉妹校提携を結ぶ韓国造形芸術高校との交流事業で7月に予定していた韓国・釜山(プサン)への生徒派遣の中止を決めました。

 「少しでも不安がある限り、学校としては生徒の安全を確保できないと判断した。継続してきた交流がこのたびできないのは残念」(米子高校 田中宏校長)

 また、鳥取県は、来年の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを盛り上げようと、今月下旬に韓国・江原道(カンウォンド)へ高校生を派遣する交流事業を予定していますが、1人が辞退したということです。

 このほか、鳥取県立倉吉東高校では、10月に予定していた2年生の修学旅行先を韓国から国内へ変更することを決めるなど、影響が広がっています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月24日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月24日 9時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月24日(水)の社会ニュース

5月23日(火)の社会ニュース

5月22日(月)の社会ニュース

5月21日(日)の社会ニュース

5月20日(土)の社会ニュース

5月19日(金)の社会ニュース

5月18日(木)の社会ニュース

5月17日(水)の社会ニュース

過去のニュース