1分55秒

シドニーで観光業商談会、コアラもPRに一役

 オーストラリアのシドニーで17日、南半球最大の観光業商談会が開かれ、オーストラリアを代表するあの動物も登場し、観光PRに一役買いました。

 イベント会場の入り口で人気を集めているのは、コアラとオーストラリア土着の野生犬「ディンゴ」の赤ちゃんです。シドニー郊外の動物園からやってきました。

 この南半球最大の旅行業界向け商談会「ATE17」には、世界30か国から2500人以上が集まり、日本からも34社が参加しました。

 オーストラリアには世界中から多くの観光客が訪れますが、最近では中国からの訪問者が急増していて、年間100万人を超えています。

 「去年の当社による台湾からの観光客は約1000人でした」(台湾の旅行業者)

 一方、日本人の訪問者数も近年、回復傾向にあり、去年は前の年から22.7%増え、41万3800人でした。

 「去年でいいますと、ヨーロッパの方が厳しい状況でしたので、そういったお客様がオーストラリアの方に渡航を変更されたりというので・・・」(エイチ・アイ・エス 浜本絵里さん)

 「オーストラリアを訪れる日本人観光客の数は確実に増えています。現在、新しい観光資源の開発も進めています 」(オーストラリア政府観光局 ジョン・オサリバン局長)

 ハワイなどに比べ、旅行代金が割高になるなどの課題はありますが、関係者は、今後、航空路線の拡大や新しい観光アトラクションの開発などで、さらなる日本人観光客を呼び込みたいとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月24日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月24日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月24日(水)の国際ニュース

5月23日(火)の国際ニュース

5月22日(月)の国際ニュース

5月21日(日)の国際ニュース

5月20日(土)の国際ニュース

5月19日(金)の国際ニュース

5月18日(木)の国際ニュース

5月17日(水)の国際ニュース

過去のニュース