1分42秒

女性宮家創設、自民幹部間で意見分かれる

 秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまが近く婚約されることが明らかになったことを受け、「女性宮家」の創設の是非が注目されていますが、自民党幹部の間でも意見が分かれています。

 「私自身は、女性の宮家ということ、いろんな方たちと議論しながら、ぜひ実現をしていただきたいなと考えています」(山東昭子元参院副議長)

 自民党・山東派会長の山東元参議院副議長は、眞子さまの婚約報道を受け、「皇族の方が減っていくので、女性宮家の話もこれから論議の的になってくるだろう。ぜひ女性宮家の創設を実現してほしい」と述べました。

 「女性皇族うんぬんの前に、男系の男子がこれを皇室典範の定めるところによって世襲していくという考えをどうするのかということを、十分、国民が共通の認識を持つ前に女性宮家を創設するということは、非常に危険なことだ」(伊吹文明元衆院議長)

 一方、伊吹元衆議院議長は、「男系男子が皇位を継承する」という皇室典範の原則を先に議論すべきで、その前に「女性宮家を創設することは非常に危険だ」との認識を示しました。その理由として、伊吹氏は「もし、女性宮家の方が外国の方と将来ご結婚し、皇嗣がおできになったときに、その方を天皇陛下として今までと同じ気持ちで日本人が仰ぎ見られるか」と述べ、疑問を呈しました。

 「女性宮家の創設」に関しては自民党内でも意見が分かれる形となりました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月23日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月23日 15時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月23日(火)の政治ニュース

5月22日(月)の政治ニュース

5月21日(日)の政治ニュース

5月20日(土)の政治ニュース

5月19日(金)の政治ニュース

5月18日(木)の政治ニュース

5月17日(水)の政治ニュース

5月16日(火)の政治ニュース

過去のニュース