0分58秒

リドリー・スコット監督の手形などハリウッドに

 「エイリアン」、「ブレードランナー」で知られる映画界の巨匠、リドリー・スコット監督の手形などがハリウッドに刻まれることになりました。

 リドリー・スコット監督は現地17日、日本人にも人気の観光名所、ハリウッドの「チャイニーズシアター」の前で、自らの名前と手形、それに足型をセメントに残しました。

 「エイリアン」、「ブレードランナー」それに、松田優作さんの遺作「ブラック・レイン」などで知られるリドリー・スコット監督。今回、長年の映画界への貢献が評価され、304人目の栄誉を手にしました。

 「昔、毎日のようにここを通って、この周りを歩いていました。この様な機会が訪れるとは夢にも思いませんでした。栄誉を飛び越えて夢の中にいるようです」(リドリー・スコット監督)

 セレモニーには、「ブレードランナー」に出演した俳優のハリソン・フォードさんも駆けつけ祝福しました。

 手形などをつけたセメントは、1週間以内に地面に埋め込まれる見通しです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月24日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月24日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月24日(水)の国際ニュース

5月23日(火)の国際ニュース

5月22日(月)の国際ニュース

5月21日(日)の国際ニュース

5月20日(土)の国際ニュース

5月19日(金)の国際ニュース

5月18日(木)の国際ニュース

5月17日(水)の国際ニュース

過去のニュース