0分57秒

1-3月期GDP 年率2.2%増、5期連続プラス成長

 今年1月から3月期のGDP(国内総生産)は、年率換算でプラス2.2%となり、5期連続のプラス成長となりました。

 内閣府が発表した今年1月から3月期のGDPの速報値は、物価の変動を除いた「実質」で前の期と比べて0.5%のプラスでした。この伸びが1年間続くと仮定した「年率換算」では2.2%のプラスで、5四半期連続のプラス成長となりました。

 「消費者マインドは若干持ち直しているというのが、私が街を歩いた印象」(石原伸晃 経済再生相)

 全体のおよそ6割を占める国内の『個人消費』は、冬物・春物の衣料品やスマートフォンなどの売上げが好調で、前の期と比べて0.4%のプラスとなりました。また、『輸出』は、アジア向けの半導体製造装置などの工作機械が堅調で、2.1%増加しています。

 5期連続のプラス成長は、2006年以来およそ11年ぶりとなります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月23日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月23日 15時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月23日(火)の経済ニュース

5月22日(月)の経済ニュース

5月21日(日)の経済ニュース

5月20日(土)の経済ニュース

5月19日(金)の経済ニュース

5月18日(木)の経済ニュース

5月17日(水)の経済ニュース

5月16日(火)の経済ニュース

過去のニュース