1分10秒

万景峰号がウラジオストク入港へ、定期便運航開始

 日本への入港が禁止されている北朝鮮の貨客船・万景峰(マンギョンボン)号が、北朝鮮とロシアを結ぶ定期便として運航を開始しました。第1便が到着するロシアのウラジオストクの港から報告です。

 北朝鮮北東部の経済特区・羅先(ラソン)とロシア・極東地域の玄関口ウラジオストクを結ぶ定期便は、これから月4回程度、往復するということです。

 船を北朝鮮側から借り受けたロシアの運航会社の説明では、ウラジオストクへ運ぶのは主に中国から陸路で北朝鮮の羅先に入る中国人観光客だということです。今回の乗客は、中国の観光業界からの代表者たち11人だけとなり、貨物を搭載せず、試験運航を行ったということです。

 しかし、北朝鮮のミサイル発射を受け、国連が安保理決議で北朝鮮への制裁を強化している最中、この定期便が北朝鮮への手助けとなり、一つの抜け穴にならないかと懸念の声もあがっています。国際社会の監視の目が果たして行き届くのか、新たな課題が浮き彫りとなっています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月24日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月24日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月24日(水)の国際ニュース

5月23日(火)の国際ニュース

5月22日(月)の国際ニュース

5月21日(日)の国際ニュース

5月20日(土)の国際ニュース

5月19日(金)の国際ニュース

5月18日(木)の国際ニュース

5月17日(水)の国際ニュース

過去のニュース