0分49秒

石原TPP担当相、11か国協定議論に「日本のリード不可欠」

 ベトナムで行われるTPP=環太平洋パートナーシップ協定の閣僚会合を前に、石原TPP担当大臣は「明確な方向性を打ち出せないかぎり、ばらけてしまう」と述べ、日本のリードのもと、議論をまとめる必要があるとの考えを示しました。

 「この場で明確な方向性を打ち出せないと、ばらけてしまうのではないか。そういう意味で(TPP閣僚会合は)極めて重要な会議になるのでは」 (石原伸晃TPP担当相)

 21日にベトナムのハノイで開催されるTPP閣僚会合に臨む石原TPP担当大臣は、自民党の対策本部の会議でこのように述べ、アメリカを除く11か国での協定の発効について、日本のリードのもと議論をまとめる必要があるとの考えを示しました。

 農林系の議員などからは、「合意内容は12か国のものからはずれることは認められない」などとして、アメリカ抜きの協定が12か国で決めたTPPの合意より踏み込んだ対応をしないよう求める意見が相次ぎました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月23日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月23日 15時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月23日(火)の経済ニュース

5月22日(月)の経済ニュース

5月21日(日)の経済ニュース

5月20日(土)の経済ニュース

5月19日(金)の経済ニュース

5月18日(木)の経済ニュース

5月17日(水)の経済ニュース

5月16日(火)の経済ニュース

過去のニュース